2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも生活のリズムが違う
2012-08-28 (火) | 編集 |
義母と暮らし始めて1ヶ月、やっとルールらしきものはできたが

どうも居ごこちがよくない。84才というのはやはり老人だ。

すべてにおいてゆっくり、なるべく動きたくない(ひざが悪いせいもあるが)

話すのも隣の部屋から座ったまま話すので、聞こえなく、こちらから

聞きにいったりしている。

夫も同じ気持ちらしく、どうも母親とは合わないと言っています。

35年も離れてくらしていれば当然。

性格も夫は父親似で生真面目で質実剛健。義母はその時が良ければ

後のことは考えない。おしゃれで、ほしい物は手に入れる。

こんなに合わない人と暮らすのはとてもしんどい

でもこれもなにかの運命だろう。人生って思わぬことが待ち構えて

いるとおもう。ただ暮らしていくという時期もありだなと

感じている今日この頃です。
スポンサーサイト
続・最近の夫
2012-08-18 (土) | 編集 |
この頃、私の話すことをすぐに理解してくれない。

ゆっくりわかるように話しているのですがすぐに話が通じない。

とくに道・お店等がひどい。またお酒を飲んだ後はなるべく

こみいった話をしない。これは前からですが

なんだか大人同士の会話がだんだんできなくなる。

まあいっきに悪くなるわけではないので、たぶん私がそれに

慣れていくのだろうけどすこし寂しい

最近の夫
2012-08-17 (金) | 編集 |
いつもの生活をしているとなかなか夫の症状の変化も気ずかないが、

お盆になって次男(私40才の時に産みました.)が帰省して

あれっと思うことがありました。まだ学生なので帰ってくる度に

年に2回ほどですが夫のおこずかいのなかから1.2万ほどあげるのですが

今回もすぐに自分からあげたのですが毎日自分はあげたのかどうか

聞きます。大丈夫すぐにあげました

と答えますが、ほんとうに直前の記憶がどんどん抜け落ちていくんだと

おもいました。でも子供に対する気持ちは前と全然変わってなく

親だからおこずかいをあげるというプライドみたいなものは保たれて

いて安心しました。記憶のみの障害ですね。今のところ

駅前の本屋、1階の生鮮売り場などにもまだ1人で行けます.

1度は自転車で行ったのですが、帰りに同じ色が何台もあったので

わからなく結局あるいて帰ってきたことがありました。。

とここまで書いていたら夫が起きてきたのでまたにします

少し落ち着いてきました
2012-08-06 (月) | 編集 |
義母との生活がはじまって12日目、最初の5日間ほんとうに大変

でした。夫婦二人の間に割って入ってくるのを徹底的にシャットアウト

しました。自分のどこにこんな力があったのか自分が一番びっくり

しています。そんなこんなで、今の状態は若干の仕事量は増えた

ものの心の状態はさほど悪くなく落ち着いてきました。

その間夫の定期受診日がありました。先生はあくまで夫にやさしく

今、こまっていることはありませんか

と問い、夫は

まったくありません

とこたえていました。確かにまだそんなに嫌な思いもしていないし、夫

が困った顔をしていることもありません。先生は

この状態がいつまでも続くことが一番ですね

と言われました。ほんとうにそうだと思います。大事に一日一日を

過ごしたいと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。