2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義母の老健申し込み
2013-03-18 (月) | 編集 |
ついこの間デイサービス週5回になって喜んだことを書いたが

またまた進展があった。

義母は巻き爪で、足の親指の爪を自分で切りちょっと痛めていた。

膝の通院で整形外科に通っているのでついでに診てもらい、

3週間ほど治療していたがなかなか治らず手術ということになった。

義母の話では手術の時は1週間ほど入院して後は消毒で1週間

通院しなくてはいけないとのこと。この病院は週2回うちまで

送迎サービスがあるので通院できていたが毎日となると

バスの乗り継ぎがあるので無理かなと思い2週間の入院

ということにしてもらった。

入院当日、夫と私で荷物を持ち出かけた。義母は温泉にでも

出かけるような感じでうれしそうだった。

看護婦さんがいらして、飲んでる薬とかトイレの場所とか

入浴日とかを話された。入浴日が火、金だけと聞いて義母は

えー毎日じゃないんですかとがっかりしていた。温泉じゃないんだから

当たり前でしょ。

入院のこともどうやら義母のほうから病院に頼んだみたいで、看護婦さん

がしきりにどうしてこのぐらいで入院になったんでしょうねと

言っていた。今後何かあったときは私が直接病院に問い合わせを

しなくてはだめだとおもいました。

話は長くなりましたが、病院のとなりに老健がありついでに寄って

きました。特養も今行っているデイサービスの所にあるのですが

もう申し込みはしてあります。でもとてもすぐにはむずかしいので

老健のほうに先に行くようになりそうです。どのぐらいで入れますか

と聞いたら以外にもすぐにでも入れるような感じでした。

本人も私たちもそれを望んでいるのですぐに申し込みをしようと

おもいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。