2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定年後
2014-04-27 (日) | 編集 |
いったい他の方たちの定年後の生活はどういうものなんだろうか、

相手のことを考えないでもいいのは楽だろうなあと思うが

そうはいっても食事とか買物とか散歩とかたぶんうちと

似たりよったりなんではないだろうか。常に相手の状態を把握して

なくてはいけないという脅迫観念みたいものはあるが、

あとは普通に生活をしていけばいいんだと思う。

今までずうっと働いてきたので贅沢をしなければ年金のなかで

暮らしていけるし、たまには旅行も行ける。

あまり深刻に考えないでその日暮らしで生きていこう

夫はあいかわらず短期の記憶障害だけで、他の症状は

まだ出ていません。
スポンサーサイト
何か新しいことしたい
2014-04-16 (水) | 編集 |
お花見も終わったし、畑も一応耕したし、何か物足りない。

愚痴です、最近友達にもあまり会えない。電話も短く、

夫に気を使いながらの電話は楽しくない。犬との散歩が

無くなったことの影響がでてきている。

前には犬との散歩がとても良い気分転換になっていたのだと

思う。夫も同じだ。

散歩をしながら電話もできたし、風にも触れられた。

そうかといって新しい犬を飼うきにはなれない。

もう一度全部責任をもって飼うということができない。

何か新しいことを考える時がきている気がする
受診日でした
2014-04-06 (日) | 編集 |
夫は先生から何か困ったことありませんかと聞かれ、

まったくありませんと答えていました。先生はとても

やさしく接してくださるので夫はとてもうれしいようです。

私にどうですかと聞かれたので、旅行に行ってきました

と報告するとそれはよかったですね

 大丈夫でしたか?と。

はいと答えると、○○さんは他のかたに較べて進行が

すごく遅いです。いいですねー、お薬今までと同じに

しときますねと言われました。

とてもうれしかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。