2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スケジュールどおり
2014-10-21 (火) | 編集 |
以前見たテレビ番組で、認知症の奥さんと毎日近くの小高い山に登って

いらっしゃるかたがいました。その時は飽きないのかなーと思って見ていましたが

近頃はこういう毎日決まったスケジュールをこなすというのもありかなと

考えています。家にいるとただテーブルについて座っているだけ、

私が畑に行こうか散歩に行こうかと言わなければ自分から自発的な行動が

だんだんと無くなってきました。

晴れの日はいいですが雨でも降ると外に出なくなります。

仕事はからだが憶えているようでまだ大丈夫です。

ここまで書いてやはり散歩を日課として組み込むことが1番いいかなと

思えてきました。やってみます。

スポンサーサイト
最近の夫はアルコールがいらない
2014-10-13 (月) | 編集 |
いま思うと自然に飲まなくなった。夕食のときにすぐにご飯を食べるようになった。

365日必ず飲んでいたのに、健康診断の時だけ止めていたから正確には364日です

あんなに飲まずにいられなかったのにどうして止められたのだろう。

からだにはたぶんいいことだと思う。まず怒らなくなった。前はある一定量を

超えて飲むと顔つきが変わり、料理とか掃除とかいろいろなことに文句を

つけ当たってきた。この病気になって唯一よかった事、それは

アルコールを飲まなくなって怒らなくなった事。

私はこの病気が発症する前、定年を過ぎてうちにいるようになって

毎日飲酒して深酒をし怒るようになったら嫌だなあと本気で思っていた。

おかげさまでその心配はなくなったが、今度は忘れるというやっかいな

病気が舞い込んできた。

今飲酒がなくなって、束の間おとなしい平和な時期を楽しもう

いつ混乱の時期が始まるかもしれない。それまではゆっくりと

今のまますぎていければよいと思う






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。