2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも一緒だった人がいなくなるということ
2016-02-01 (月) | 編集 |
あんなに、たまには一人でゆっくり過ごしたいなあと思っていたのに

実際に日中一人でいるとやっぱり夫と一緒にごはんを食べたり

一緒に犬の散歩をしたり、仕事にいったりしたことがいかにありがたい

ことだったんだなあと今更ながら思います。

そうかといって亡くならないで、あの時点の夫が戻ってくるのは正直

夫も私もごめんなさいだと思う。

運命というのだろうか、ここまでですよと言われた感じがする。

1月になって陶芸を習いに行き始めました。1年半お休みをしていたので

、できるかなと思いましたが大丈夫でした。

無心になれる陶芸をやっていてよかったと改めて思いました。

これからは一人で生きることの楽しさを一つずつ探していきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。