2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かと忙しい
2016-06-01 (水) | 編集 |
昨年の1月から夫がデイサービスに通い始めてやっとわたしに一人の

時間ができ、家族会に行きました。そこでの皆さんのお話しを聞き

とても救われたので、私と同じような人が必ずこれからもいることと

思い、今回家族会からのお誘いもありお手伝いをすることになりました。

まだ右往左往の状態ですが、自分に与えられた仕事と思いやってみます。

配偶者が亡くなったあと、どのようにして生きていくか、今までは仕事、

生活であまり深く考えなかったが一人になると考えてしまう。

もちろん生活はしていくわけだが、それ以外、始めは仕事ということも

考えたが、とりあえず遺族年金+私の年金で必要な生活費は、

贅沢をしなければ賄えるので仕事という選択をせず

いろいろなことをやってみようと考えました。

落ち込んでもいず、普通に生活をして他の方とお話しをしたり

畑仕事をしたり楽しんでいけたらそれで十分かな

002.jpg

3月に植えたジャガイモ、手前はピーマンとゴーヤ 

004.jpg

ブロッコリの種をとるために花をさかせて放置、玉ねぎの上にかぶさっています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。