2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デイサービス行けました
2015-01-10 (土) | 編集 |
行けるかどうかとても心配でしたが、無事2回行けました。

家の近くにある公共機関の駐車場でデイサービスのかたと

待ち合わせをしてすんなりと乗り込みました。指導員さんが

今日は仕事ということにしますと言っていただけたので、

とてもうれしかったです。仕事大好き人間なので仕事という言葉に

反応して一日過ごせるような気がします。

さて帰ってきて一番最初に出た言葉は、うちはいいなあと

なんだか可哀想になってしまいますが、でもそこは置いておいて

運動はどうだった?楽しかった?と聞いてみますと

うん楽しかったと答えました。良かったそれで十分、うち以外のかたと

話せて運動ができて食事ができて社会に戻れた。

不安はあったかもしれないが、まだ人とコミュニケーションがとれる状態

だと思うのでこのぐらいの刺激は脳にいいかも。

私は2年ぶりに1日解放されたので、ほんとうにありがたく一人ということ

が何だか信じられないような落ち着かない気持ちになりました。

これから自分を立て直し夫になるべく依存しない、振り回されない強い自分に

なろうとおもいます。年頭のあいさつでした。

今年もいろいろある1年だと思いますが、皆さんと一緒に歩んでいけたら

うれしいです。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
本当に良かったですね!
夫がデイサービスに失敗した主な原因は、朝が極端に弱いということと、実際にやって楽しかったという記憶が残らないので、行くたびに「どこにいくのか」「そんなところは一度も行ったこともないし行きたくもない」と猛反発したことにあります。
きばなコスモスさんのご主人は朝は問題ないしデイサービスで楽しかった記憶が残っているようなのでうまく軌道に乗れそうですね。
きばなコスモスさんもこれからご主人のためでなくて自分のことにいろいろチャレンジしてセカンドライフを楽しんで下さい。
2015/01/10(Sat) 12:45 | URL  | ルッコラ #-[ 編集]
第一歩を踏み出されましたね
きばなコスモスさん、コメントは初めてです。

デイサービスデビューおめでとうございます。ここからが第一の正念場ですね。

「社会にもどれた」という実感よくわかります。
父がデイサービスに通い始めたときに私もおなじ感想をもちましたから。

スタッフの方はさすがプロですね。ご主人様にあった対応をされていると感心しました。

ただこれからどういう展開になるかはまだわかりません。きばなコスモスさんがまずご自分を立て直されることが先決でしょうね。

「介護を忘れられる時間をもつ」ことがご自分の精神衛生上重要だと思います。仕事なり趣味なり神経を集中させなければやれないことをもたれることをお勧めします。介護は長丁場ですから!

「2年ぶりに1日解放された」という文に衝撃を受けました。よくもちましたね。どうぞ、ご自分を大切になさってくださいね。介護をやり遂げるという大きな目的のためですよ。
2015/01/10(Sat) 16:38 | URL  | miki #-[ 編集]
よかったですね。
ご主人さま、楽しかったという経験ができ、社会に戻れてよかったですね。
楽しかったという思いがきっと残りますね。

うちも要介護1の認定がおりました。
包括センターの方と話をして、若年性に詳しいケアマネさんを紹介してもらい、次の段階を模索しようと思います。
いつも、きばなコスモスさんのゆく道をあとからついて行っている気がしています。ありがとうございます。
2015/01/11(Sun) 12:02 | URL  | フウ #-[ 編集]
ルッコラさま
おかげさまで今日も行けました。まだ油断はできな

いので送るまで気がもめます。送ったあとは気持ち

を切り替えて自分の好きにします。今日は久し振り

に友人とランチでした。おしゃべりが私にはごちそう

でした。
2015/01/12(Mon) 16:19 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
mikiさま
コメントありがとうございます

ルッコラさんのブログでいつもコメント拝見しており

ました。なので初めての気がしません。

2年ぶりに1日解放されたという文、自分ではさらっと

書いたのですが今思うとほんとに気持ちが楽に

なった感じがします。

これからもよろしくお願いします。
2015/01/12(Mon) 16:27 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
フウさま
うちは介護認定がおりてから1年たってデイサービス

に行くことになり、この1年いろいろ考えながらやって

きました。一人一人きっとその人にとって一番

居心地の良いところに落ち着くのでしょうね。

それまではまだ紆余曲折があると思います。
2015/01/12(Mon) 16:35 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
私が学んだこと
私が、認知症の両親の介護体験をとおして学んだことはいくつかあります。

人間は社会的存在である
人間は精神的存在である
人間の尊厳と感情は最後まで残る

社会生活は多少のストレスはありますが生きているはりもあります。
母は、早い段階で施設のお世話になりましたが、4年くらいたった頃でしょうか、「お母さんはホームにいるからお母さんの人間としての本質は保持できたのではないか」と尋ねたことがあります。母の答えは「そういう面もある」でした。ホームでは若い女性スタッフは生徒で「早く寝なさい」とか「風邪をひかないように」とか声をかけていたようです。「小さい子が夜遅くまでうろうろしているのは問題だ」と私に訴えたこともあります。お世話していただいているんですが。

母は小学校教師として生きてきた人生だったので「社会では気をはって、家庭ではだらっとして」精神のバランスをとってきたことが介護を体験してよくわかりました。

ご主人様には「仕事に行ってもらって助かっている」という気持ちをそれとなく伝えられたらいいかもしれませんね。

きばなコスモスさんがまずこの生活に慣れることが大切ですね。デイサービスやショートステイなどに罪悪感を感じないことも大切です。介護者の心身の健康あってこその介護ですから!

「社会にもどった」という感想があったので似た面があるかなと思って書きました。

今の社会は人間が成熟できない社会だと言われていますが、介護は人間を鍛える貴重な体験になりえます。ただ鍛えられすぎると心身の健康が壊れかねないのでくれぐれもご注意ください。
2015/01/13(Tue) 12:39 | URL  | miki #-[ 編集]
mikiさま
そうですね、バランスが大切ですよね。

相手に合わせ過ぎて自分が無くならないように

なおかつ夫の尊厳は守りと、修行かと言いたく

なりますが皆さんもやっていること。私も頑張らずに

やっていきたいと思います。
2015/01/15(Thu) 04:59 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
お久しぶりです
記事を読んで、嬉しくなりました。
少しずつ、デイサービスに慣れて行ってくれると良いですね。
良い刺激になると思います。

このまま穏やかにお二人の時間が流れますように。
2015/01/28(Wed) 10:28 | URL  | まっち #-[ 編集]
まっちさま
うれしー
読んでくださってたんですね、まっちさんのブログ
閉じてしまわれたので寂しいなと思ってました。
私のほうはまだまだブログ続きそうです。先は長い
と思いますので、あまり頑張らず楽にいきたいです。
2015/01/29(Thu) 05:16 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。