2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初盆
2016-08-13 (土) | 編集 |
次男は遠い県外で働いているので、お盆休みに合わせて一周忌供養を行いました。
しーんとするなか、お経をあげていただいて向こうの世界で幸せに
なれるようにとの言葉がなんとなく耳に残りました。
はたして夫はこちらの世界で幸せだったのか、聞くことができませんでした
が最後まで少しでも仕事をして、自分でひげをそり、自分で洋服を着かえ、
また脱いだものを几帳面にわたしよりきっちりとたたみ、
自分を保っていたことに、すごいねと言ってあげたいです。
もうすぐ1年たちますが、子供たちも私もそれぞれにやることをやって、
今まで通り生活しています。
夫のことは今でも一緒にいるがごとくに仏壇で話をし、毎日ごはんやうどん
やパン、コーヒー等を供えます。
いつまでも私や子供たちのこころの中にはお父さんはいるんだと確信したお盆でした。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
一年ですか
もう一年なのですね。私も夫が幸せだったのかとか考えることがあります。一生の中で幸せだったこともたくさんあったからそれで良いんじゃないかなと思っています。もちろん病気さえなければもっと幸せになれたのではとつい思ってしまいますが。
2016/08/23(Tue) 19:11 | URL  | ルッコラ #-[ 編集]
なんか月日が飛ぶようにすぎています。夫がいるころは、もっとゆったりと1日を過ごしていましたが今は毎日時間に追われているようです。まあそのほうが、夫のことを考えなくてすむので、わざとそうしているのかもしれません。でも充実しています。
2016/08/25(Thu) 20:06 | URL  | ルッコラさま #-[ 編集]
もう1年たつのですね。
きばなコスモスさんの書かれる文章には、ご主人や子どもさんたちへの深い愛情を感じます。
きっとご主人も見守ってくださっていると思います。

夫は、髭剃りも着替えも心もとなくなってきています。
かろうじて、手をださなくて済む状態。
夫の能力を残したいというのはやまやまですが、私の精神状態にはよくないような気もしますが・・・。
2016/08/30(Tue) 22:44 | URL  | フウ #-[ 編集]
フウさま
こんにちは
9月になっても暑い日が続いていますね。
夫はもともとよく洗面所に行って、1日に何回も手を洗い朝は必ず電気シェーバーでひげを剃っていました。
たぶんこだわりか刷り込みで、最後までできたのかと思います。人によって、できることが違うかもしれませんね。
フウさんに疲れがたまっていると思うので、できるだけ自分の時間を作ってくださいね。
2016/09/02(Fri) 17:15 | URL  |  #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。