2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
症状
2012-05-24 (木) | 編集 |
2回目の内職も無事終了。何も言われないので、ミスはなかったと思う。

夫の症状は落ち着いていて、少し前よりおとなしくなったように感じます。

あまり自分からは話をしなくなった。テレビを見てノートにしきりに内容

を書いていきます。この習慣は10年ぐらい前からか、もっとそれ以前かも

しれません。もしかしたら新しいことが頭にはいってこず忘れないように

書いているのかも。夫はもともと愚痴を言わないので今どのように病気に

ついて思っているのかわかりません。前は認知症ってどうなるの?と

聞いたことがあります。その時はだんだん忘れていくかもよ、でも時間

がかかるし、すぐに悪くなることはないからといいました。それ以上

は質問がなく、それで落ち込むようなこともありませんでした。

わたしは何でもわからないことがあると、すぐに調べてしまいますが

夫は前から私に聞いてきます。私がすぐに調べるのをわかっているからです。

なんでも私がやってしまったということもいけなかったのかな。子供に

対しては、大人になってから口をださず、自分で考えてという姿勢でいるのですが

夫にたいしてはちょっと甘すぎたかなあとおもっています。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
ご主人のテレビの内容を書き留めるのはとても良い習慣だと思います。私も時々ためになる内容の番組をみてもすぐ忘れてしまって後から後悔することがあります。
夫婦の役割分担は夫婦によってさまざまなんだと思います。主人はわからないことをがあったら自分で調べて私に聞くことはなかったけれどアルツハイマーになってしまいました。きっとそういう運命だったのだと思うようにしています。
2012/05/28(Mon) 19:55 | URL  | ルッコラ #-[ 編集]
ルッコラさま

ほんとうにこの病気は運命以外の何物でもないですよね。つい原因はなんだろうかとか考えてしまいますが、なってしまったものは仕方がなく他の病気と同じ
に受け入れていくしかないかな。
2012/05/28(Mon) 22:34 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。