FC2ブログ
2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
義母と一緒に暮らすことになりました
2012-07-21 (土) | 編集 |
今までケアハウスで暮らしていた義母が、ここのところ血圧が急に上がりはじめ

調べていただいたところ利尿剤を自分で調整して飲んだり飲まなかったり

でとうとう薬の管理を施設のほうでやっていただくことになりました。

それだけならいいのですが、お金の管理もちょっとおぼつかなくなり何度も

おこずかいのなかで暮らしてね

とお願いしていたのですが通販で物を買うようになり、とうとう督促状が

届くようになってしまい施設の方より連絡がきてしまいました。

今までならちょっとお金が足りないといわれれば何とか用立てていたのですが

年金暮らしになるとそうはいきません。母と私が話している時に独断で思わず

もう一緒にくらそう

と言ってしまいました。母もお金のやりくりが大変だったらしくあっさり

うちに入ることになりました。

その後、地獄の一週間が始まりました。引越しのための物の整理、半分は捨て

半分はビニール袋に入れ自転車で5分のうちまで前と後ろに4袋を乗せ

全部で20往復はしたでしょうか。夫が自動車の運転を止めたので車を息子

に持っていってもらったのです。あれば乗ると言い出していたので

苦肉の策でした。

最後の大物だけは息子に頼み車で運び、あとは引越し当日ベッド・冷蔵庫・一人用

食器棚を便利やさんに依頼しました。

あまりの物の多さに片付けながら何度も怒りがこみ上げてきました。84才の母には

もう自分の片付けをさっさと自分でやるという気力もありません。

これからの日々がどうなっていくのかわかりませんが、母にふりまわされず冷静に

対処していこうと思います.母には夫の病気のことは伝えてあります。夫も

手伝ってはくれましたがなかなか根気は続きませんでした。夜中までのゴミ分別

等は私の仕事でいろいろ考えさせられました。なるべくシンプルに暮らそう、物

は捨ててからから買う。反面教師にしたいと思います。きょうは母の件でした。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
大変ですね
思わず「もう一緒に暮らそう」と言ってしまったきばなコスモスさんの気持ちよくわかります。私もろくな食べ物を食べていない義父母を見ると「一緒に暮らしてご飯を作ってあげたい」という気持ちになります。でも一緒に暮らすと私のストレスが爆発してしまうと思うのでその気持ちを封印しています。本当にお年寄りは物が多いですよね。金銭感覚が違う人と同居するのは本当に辛いと思います。これから何かあったらどんどんブログで愚痴って下さい。お互いにね(笑)
2012/07/21(Sat) 10:01 | URL  | ルッコラ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。