2011年 63才のころより症状が出始め二人で認知症と向かい合いましたが、2015年9月すい臓がんにて夫亡くなりました。67才でした。今は私一人のセカンドライフどんなことになるやら
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
診察日でした
2014-05-28 (水) | 編集 |
どうしても今回先生に聞いてみたいことがあったので、ぎりぎりまで

考えて思い切って聞いてみました。それはこの間テレビを見ていて

脳梗塞の薬シロスタゾールが認知症の進行を抑えるというものでした。

結果残念ながら、脳梗塞の病気ではないのでできないそうです。

それならば脳に刺激をあたえて血流を良くすればいいので、できるだけ

運動をしなさいとのことでした。

今の清掃の仕事が病気に役立っているのはよかったです。

病院の帰りに川越により、喜多院、博物館、美術館、蔵の通りと全部歩きで

歩数計を見たら25000歩でした。これだけ運動したら少しは血流が良くなるでしょう。

ちなみにシロスタゾールはこれから治験に入るそうです。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
運動ですね
25000歩とはすごいですね。

夫は、ピーク時で30000歩ほど歩いていましたが、今は10000歩前後です。
でも夫だけです。私は無理です。
これから付き合うためには、体重を落とさないと、膝にきそうです。

やはり疑問に思ったことは先生に聞いてみるといいですね。私も月曜日に病院へ電話して、フェルガードを出していただき、夫にたのんで飲んでもらっています。

治療法がないからとあきらめずに、進行をなるべく送らせて未来へ期待したい、家族と本人の切なる願いです。

シロスタゾールの治験も早く進ませて、投薬の選択の一つに加えてほしいです。
2014/05/29(Thu) 10:23 | URL  | フウ #-[ 編集]
フウさま

30000歩すごいですね。かなりの時間かかりますよね。夫もそうですが、歩くと気持ちが晴れるのかもしれませんね。
これから暑くなるのでお互いに気をつけましょうね
2014/05/29(Thu) 21:52 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
夫もラッキーと散歩に良く行っていました。一日中部屋にこもってじっと座っているのが一番良くないのでしょうね。三日坊主になってしまいましたが、リハビリデイサービスを見学したとき、脳トレも兼ねた体操をいろいろ取り入れていて、こういうデイサービスに積極的に参加している人たちは明るくて社交的で認知症が進まないだろうな~と思いました。でも清掃作業も病気の進行を遅らせるために非常に有効なのだと思います。続いているのがすごいですね、
2014/05/31(Sat) 20:57 | URL  | ルッコラ #-[ 編集]
ルッコラさま

コメント遅くなってすみません。最近夫が一人で本屋さんへ行かなくなったので、私だけの時間が少なくなりパソコンを開く時間が極端に減りました。
なぜ本屋さんへ行かなくなったのか聞いてみましたら、もうこんなに本があるからいいでしょと言ってましたがほんとのところはわかりません。
道がわからなくなって、恐い思いをしたのかなとも
考えられます。
清掃の仕事も時々、場所の指示を困っていそうな
顔をしているときにさりげなく言います。あくまでも
さりげなくです。いつまでもできればうれしいです。
2014/06/05(Thu) 04:31 | URL  | きばなコスモス #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。